【月額料金業界最安値!】BroadWiMAX

wifiルーター

Wi-Fiルーター

スマホやタブレットを自宅でインターネット接続したい場合にはあったほうがいいです。

光ファイバやADSLの回線でWi-Fiルーターを利用して接続すれば速度が早くインターネットにつながります。

あとは制限がされているパケットの上限を気にせずに使えるというのもいいと思います。

通常7GB程度の制限が多いので無制限に動画閲覧をしたりするとデータ制限にひっかかって接続できないことや極端に速度が遅い事態に遭遇します。

スマホやタブレットを契約した上でWiFiルーター用の光ファイバやADSLの回線を契約するとさらに通信料の負担が増えてしまうという悩みがあります。

その場合にはポケットタイプのwifiを利用してガラケーを利用すれば通信料金を大きく下げられる可能性があるので検討してみましょう。

ポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiにはいくつか回線に種類がありますが最大のメリットは屋内でも屋外でも利用できる場所を選ばないところだといえます。

 

こういったモバイルタイプでの最大の問題は従来は室内であると電波が届きにくくて回線速度がかなり遅いとかもしくは繋がらないというところにありました。

それでも最近はWIMAXなどの電波の強いものが主流になってきていて屋内ではつながらないというケースが少なくなってきました。

といっても自分の利用環境が対応エリアに入っていて電波状況がいいかを確認することが重要だと思います。

最近ではこの電波が強くなってどこでも使えるようになってきたというメリットを利用してインターネット回線を一本化する人も増えてきました。

毎月のスマホとインターネット回線の料金の高さに悩む人のための節約の選択肢の一つとなっていることは間違いないです。

Wi-Fi 繋がらない

Wi-Fiは無線通信であることから有線通信に比べて繋がらないという問題はあります。
据え置きタイプのwifiルーターであれば本体の電波の強さと壁をはさんでいないかを考えたほうがいいですね。

 

ある程度の金額のものを選べばたいがいは電波が強いことが多くあとは接続設定が適切でなかったというケースも多いです。初期の設定では自分の環境にあった設定をしないといけないので難しいです。

繋がっていたものがいきなり接続できない状態になった場合には本体の電源を切ってからONするリセットが有効な場合が多いです。

ポケットタイプのwifiルーターの場合はまずは対応エリアに入っているか確認したほうがいいでしょう。エリアに入ってても局所的に電波の弱いエリアもまれにはあるでしょう。

これが自宅だった場合には不運としかいいようがないですがそのインターネット接続会社については利用の選択肢からはずして他の会社から選ぶしか方法はないでしょう。

© 2017 wifiルーター rss
SEO対策テンプレート