airweave(エアウィーヴ) 快眠を実現する高い反発マットレスパッド厚さ3cm エアウィーヴライト シングル

不眠症

睡眠 音楽

心地よい睡眠には音楽が関わりがあるということは以前から言われています。
よく勘違いされているのは音楽を聴きながらであれば良く眠れるということを言っている人たちです。

もちろん入眠にはいるときにはどんな音楽であっても騒音になり眠りを妨げてしまいます。なので眠る前に睡眠に効果をもたらす音楽を聞くのが正解です。

どんな音楽がここちよい睡眠をもたらすのかというと昔から言われているのは波のような音ですね。これに近い周波数やリズムの音楽がいいと言われています。

あとはロックのような激しい音楽とか音量が大きくて刺激が強すぎるものというのもリラックスができなくて睡眠の妨げになると考えられます。

睡眠時間

睡眠時間が何時間であれば適切な睡眠であるかと悩む人も多いと思います。
答えを最初に言ってしまえば最適な睡眠時間というのは個人個人で異なるということになるでしょう。

 

睡眠時間が2,3時間でも問題ない人もいますし12時間くらい寝ないと体の調子が悪いという人もいると聞きます。基本的にそういう体の体質は鍛えられないというのが実情のようです。

睡眠時間が短い次の日は睡眠が深くなり体が自然に睡眠の質を高めるということは知られています。それでももともと8時間睡眠が最適な人が4時間睡眠を続けると睡眠は深くなっているにも関わらずなぜか疲れが取れない状態になってします。

最適な睡眠時間は目覚ましを使わない生活を続けて1週間くらいが経過したころの睡眠時間ではないかといわれています。

睡眠障害

よく眠れないことが何日も続くと睡眠障害ではないかと悩む人が多く入るようです。
1週間くらい続くと精神的にも体力的にもつらいかと思われます。

 

まずひとつの原因になるのは横になったときにあれこれ考えすぎることではないでしょうか。考え事をしているときには入眠しづらいので事前に頭の中を整理しておくことが重要です。

次に身体的な問題です。寝る前に運動をしていれば当然入眠しづらくなります。
同様にスマホを使っていたりパソコンに向かっていたりすると入眠しづらくなるでしょう。

あとは布団やベッドのある部屋の環境です。部屋が明るいと眠りに入りづらいです。
あとは部屋がうるさいとか。隣人や寝ていない家族がうるさいのであればつらいですね。
耳栓の活用などを考えたほうがよさそうです。

あとは部屋の温度もかなり影響を与えます。若干からだが冷えたほうが入眠しやすいですが暑すぎても寒すぎてもすぐに眠れる状況ではありません。

こういったことを考えると眠る前の準備時間もそれなりに必要であると思われます。


ブログランキング

© 2017 不眠症 rss
SEO対策テンプレート