家庭用脱毛器具 業務用

家庭用脱毛器具に使うとしても業務用のものが手に入らないかと考えている人もいるのではないでしょうか。
最近は老若男女問わず脱毛に関心のある人が増えているので脱毛器メーカーも多数の脱毛器の開発にあたっています。


業務用脱毛器の中でも大きな違いはエステ仕様なのか医療脱毛仕様なのかで大きく違います。
前者は医療行為ではないので出力も20J程度までと効果が制限されています。同時にやけどするリスクというのも少ないです。


後者は威力が高いですが本体価格もとんでもなく高いので個人が買えるものではないといえます。
最近の医療脱毛機は限界が60J程度まで出せるのにやけどをしにくいという高性能な仕様になってきてはいますが。


家庭用脱毛とエステ仕様の脱毛器を比べても効果の度合いはそんなに変わりません。
違うといえば照射面積くらいでしょう。値段が安いほうがいいので家庭用脱毛器のほうが利用しやすいのは間違いありません。


あとは脱毛器を製造している国というのも脱毛器の違いに影響を与えます。
もともと海外で作られている脱毛器というのは日本人にはあまり合わないとは言われています。


光脱毛でもレーザー脱毛でも黒に反応するのは違いがないので白人と黄色人種の日本人では同じ脱毛器でも肌ダメージは異なります。
たとえ海外製でも日本人が多数使っていて問題がなければ全く問題はありませんが。

 
家庭用脱毛器のケノンは国産ですしトリアは米国製です。
トリアは米国製でも日本で多数の利用実績があるのでそういう点は問題がありませんが。


業務用が購入できれば家庭用よりも効果がありそうなので購入ルートがあれば購入したいと思う人もいるでしょう。
それでも脱毛器に関していえば効果も変わりがないですしコスパを考えると家庭用脱毛器を素直に買ったほうがよほどいいです。


ただ医療脱毛に関して言えば脱毛器の種類や年式製造国が大きく影響を与える可能性があるので確認したほうがいいでしょう。
肌へのダメージが少なく効果が高いものがいいのは間違いないです。


せっかく安い医療脱毛医院にいったのに肌へのダメージが大きい機種で痛すぎて継続できない人も中にはいるそうですよ。


家庭用脱毛器具 業務用のまとめ
・業務用の脱毛器はエステ用と医療脱毛用に別れますがエステ用は家庭用と大差はないです。
・業務用の脱毛器は製造国の影響を大きく受けるので日本人に合う機種なのか確認したほうがいいでしょう。
・脱毛器に関しては手に入る業務用は家庭用と大差ないので素直に家庭用を購入したほうがコスパはいいです。

コスパの良い脱毛器ランキング

1位 ケノン

詳しくはこちら

楽天でのレビュー数が5万を超えた実績のある商品です。

照射面積が広いので「3.7cm×2.5cm=9.25cm2」素早く脱毛ができます。
1発0.0185円(Lv1使用時)なのでコスパが断然いいのです。

エステに通うのと比べればびっくりするほど安いコストで脱毛できます。



詳しくはこちら

2位 トリア

詳しくはこちら

レーザー専門会社が作った商品なので安心の脱毛器です。
照射面積が小さめですが強力な脱毛ができるので脱毛周期が少なくなります。

カートリッジなどの追加購入が必要ないのでコスパが高いです。
合わない場合は30日間の返品保証がありますし製品の保証は2年なので安心です。



詳しくはこちら

3位 ツーピーエス

詳しくはこちら

レベル4使用時で1照射わずか0.05円です。
カートリッジを交換すれば美顔器にも使えるお得な商品です。

肌の上で動かすだけで自動で連続照射してくれるので脱毛がとても楽です。
照射面積が広いので(6.51cm2)手早く脱毛ができます。

それでも購入しやすい価格を実現しているのがこの商品の特徴です。



詳しくはこちら

© 2017 家庭用脱毛器具 rss
SEO対策テンプレート