家庭用脱毛器具 Vライン

Vラインというと気になるのはやはり水着を着る時期だと思います。
そうなると夏前の4ヶ月くらい前の春先には脱毛を始めないと間に合いません。


もっと前の冬や秋から始めれば次の夏にはムダ毛がより少ない状態にできるということは間違いありません。
あとは脱毛してもらう場合にはエステや美容皮膚科などを利用することになりますが恥ずかしい場所でもあるのでできれば自分で処理したいという気持ちになると思います。


あとはエステでも通う手間と費用はけっこうなものになります。美容皮膚科になると費用の高さもより厳しいものになります。
家庭用の脱毛器で5万から10万で処理できれば安く上がったということになります。


どうしても脱毛をしていると痛みを伴うことがあります。
エステや美容皮膚科であると言い方は変ですが強制的に施術されるので我慢していれば終わるというのはあります。


それでも家庭用脱毛器で脱毛を行う場合は冷やしながら行うことも重要ですが照射するときの思い切りも必要です。
もともとVIOは使用禁止としている家庭用脱毛器もあるので自分でやる場合は自己責任になります。


特にIOは肌が黒ずんでいるので痛みを伴うことから禁止しているものが多いです。
Vラインの脱毛を考えても痛みが少ない初心者向けの脱毛器ケノンがおすすめといえます。


Vラインの脱毛が終わると見栄えが良くなるということもありますがそれだけではなくて暑くても蒸れないというメリットがあります。
蒸れているとかゆみが発生して困るという人もいますからね。


家庭用脱毛器ですと出力の最大値はおおよそ20ジュールになるようです。
同様にエステの最大出力も20ジュールくらいです。これを超える出力では医師の資格が必要なそうです。
太い毛であれば14ジュール程度から効果があるそうなので脱毛できない出力ではありません。


これを超える出力を望むと医療脱毛になりますが費用がとても高いです。
しかも痛みももっと痛いということになります。まずは費用がまだ低く抑えられる家庭用でがんばってみるといいでしょう。


あとは家庭用脱毛器を使用する場合にはランニングコストというのが重要になりますが
ケノンはカートリッジの値段の割にたくさん照射できるという大変いいランニングコストを実現しています。


家庭用脱毛器具 Vラインのまとめ
・Vライン脱毛は春先から。冬や秋から始めるとよりいいです。
・家庭用脱毛器で脱毛すれば費用が抑えられますし恥ずかしくありません。
・ランニングコストが高いまた痛みが少ない脱毛ができる点でケノンがおすすめです。

 

コスパの良い脱毛器ランキング

1位 ケノン

詳しくはこちら

楽天でのレビュー数が5万を超えた実績のある商品です。

照射面積が広いので「3.7cm×2.5cm=9.25cm2」素早く脱毛ができます。
1発0.0185円(Lv1使用時)なのでコスパが断然いいのです。

エステに通うのと比べればびっくりするほど安いコストで脱毛できます。



詳しくはこちら

2位 トリア

詳しくはこちら

レーザー専門会社が作った商品なので安心の脱毛器です。
照射面積が小さめですが強力な脱毛ができるので脱毛周期が少なくなります。

カートリッジなどの追加購入が必要ないのでコスパが高いです。
合わない場合は30日間の返品保証がありますし製品の保証は2年なので安心です。



詳しくはこちら

3位 ツーピーエス

詳しくはこちら

レベル4使用時で1照射わずか0.05円です。
カートリッジを交換すれば美顔器にも使えるお得な商品です。

肌の上で動かすだけで自動で連続照射してくれるので脱毛がとても楽です。
照射面積が広いので(6.51cm2)手早く脱毛ができます。

それでも購入しやすい価格を実現しているのがこの商品の特徴です。



詳しくはこちら

© 2017 家庭用脱毛器具 rss
SEO対策テンプレート